女子が気になるお肌の悩み3分で解決~Airsofy~

女の子の気になる悩みを正しい知識で解決しよう(/ω\)

私だけ!?デリケートゾーンのかゆみで夜も寝れない!

      2017/03/24

デリケートゾーンのかゆみ

デリケートゾーンがかゆくてたまらないと悩む方は意外と多いもの…特に夜になるとかゆみが増して寝付くのが大変だと悩む方もいるほどです。なんとか解消したいところですが、人には相談しにくい悩みなので困ってしまいますよね。そのような方のためにここではデリケートゾーンかゆみの原因と解消する方法を紹介していきましょう。

デリケートゾーンのかゆみの原因は?

多くの女性が経験したことのあるデリケートゾーンのかゆみの原因は、いろいろなことが考えられます。その中でも特に多いのがムレやかぶれでしょう。下着やキツめのパンツなどで汗や湿気がこもり、雑菌が繁殖しやすいことによってかゆみを引き起こしてしまいます。

特に生理用品を使うとムレやすい傾向があり、生理中にかゆみを引き起こしてしまうケースも少なくありません。またデリケートな肌質の方も特にかゆみを招きやすいので注意しましょう。同じく生理中や疲れているとき、妊娠中、更年期、そして糖尿病や薬を服用している方も肌が敏感になっていて症状が出やすいので注意したいですね。

このようにデリケートゾーンのかゆみの原因には、重大な病気でないことが多いのが特徴です。しかしときには性感染症によってかゆみを引き起こしている場合もあるので注意が必要ですよ。カンジタ病・感染症外陰炎・トリコモナス膣炎・尖圭コンジローマにかかってしまうと皮膚に強いかゆみを伴い、ただれてしまいます。

夜、かゆくなってしまうのはなぜ?

夜にデリケートゾーンのかゆみが増してしまう方も少なくありません。ではなぜ夜にかゆくなるのかというと、人間が備えている自律神経や体温が関係していると言われています。

自律神経は1日の中で規則的にリズムを持ち、昼間は交感神経が働きます。交感神経が働いているときは外に向けて緊張のアンテナを張り巡らしています。「かゆみなんかに構っているヒマはない!」と交感神経が優位的に働いているときはからだにインプットされているので出てきません。しかし夜になると副交感神経が働いてリラックスしているのでかゆみが出てくると言われています。

また就寝時ふとんに覆われることでからだの表面が温まると血流がよくなってかゆみを招いてしまうこともあります。デリケートゾーンも皮膚の一部なのでリズムによってかゆみを招いてしまうことを知っておきましょう。

かゆみを改善する方法

性感染症によって引き起こしてしまうかゆみなら、まずは婦人科を受診しましょう。まずは適切に診断してもらって治療を行うのが一番です。しかしムレによってかゆみを引き起こしているようなら、以下のように日々の生活でデリケートゾーンのかゆみ予防するのが大切です。

・下着は通気性・吸湿性のいい素材を身につける。コットンやシルクがおすすめです
・スキニー・ストッキング・ガードル…など締め付けるものの使用は避けましょう
・生理中はナプキンをマメに交換してデリケートゾーンを清潔に保ちましょう
・肌は本来持っているバリア機能があるので過剰に洗いすぎないようにしましょう。しかし清潔を保つことは大切なので自分の肌に合った弱酸性やケミカルなボディソープやせっけんを使って洗うようにしてください。

デリケートゾーンのかゆみは性感染症でなければそれほど心配ありません。もし夜も眠れないほどかゆみを感じるようならまずは受診すれば安心でしょう。もし病気でなければ通気性をよくして清潔を保つようなケアをすれば改善へ導けます。

hip_728_90

 - デリケートゾーン ,