女子が気になるお肌の悩み3分で解決~Airsofy~

女の子の気になる悩みを正しい知識で解決しよう(/ω\)

風呂上りの乾燥対策!徹底ケアでお肌が変わる?

      2016/03/07

風呂上りの乾燥

お風呂上りの急激な肌の乾燥対策めのスキンケアはどのようにすればいいのでしょうか。肌の乾燥は美肌の大敵です!入浴後の肌は特に乾燥を招きやすいので、正しくケアをして肌トラブルを防ぎましょう。では乾燥しやすい原因と乾燥対策のスキンケアについてまとめました。

■風呂上りの肌が乾燥してしまう原因は?

お風呂上りの肌が乾燥してしまう原因には大きく分けて2つあります。まずは乾燥を防ぐ前に乾燥を招いてしまうメカニズムについてご紹介しましょう。

○入浴中は肌がふやけて保湿因子が流出するから

入浴中は水分によって肌の表面がふやけてしまうので少しの刺激で肌が傷つきやすくなってしまいます。クレンジングやボディタオルでゴシゴシすると肌バリア機能を低下させ、肌内部のうるおいのモトである保湿因子が流れ出てしまい乾燥を招いてしまいます。

また熱すぎるお湯での入浴は肌表面を保湿している皮脂膜が落ちやすくなってしまい、肌内部の水分が流れ出てしまいます。よって熱すぎるお湯につかるのは避け、37℃から38℃くらいのぬるま湯につかりましょう。

○汗と同時に肌の水分が蒸発する

お風呂上りにかいた汗が蒸発し引いていくのと同時に、肌の水分も蒸発してしまいます。通常汗は高すぎてしまう体温を正常に戻すためにかくもので、もともと人間のからだに備わっている体温調節機能だと言えます。放置してしまうと体温と同時に肌の水分も奪われて乾燥してしまうのでやさしくふき取りましょう。

■入浴後の効果的なスキンケアで肌の乾燥を防ごう

急激に肌が乾燥してしまうお風呂上りには乾燥を対策するためのスキンケアが必要になります。お風呂上りは急激に水分が蒸発していくので、汗をしっかり拭きとって日頃からのケアをスピーディに行うのが何よりも重要でしょう。ここではスキンケアのポイントをご紹介します。

○お風呂内で全身に美容オイルを使うと効果的

乾燥肌の方におすすめなのが濡れたままのからだに美容オイルをつける方法です。美容オイルを顔とボディの両方につけたらタオルでやさしく水分を拭き取りましょう。オイルの膜で肌のうるおいを逃がさず、入浴後の乾燥を大幅に軽減させますよ。脱衣所ではなく浴室内で行うと汗が引く前にケアできるので特に効果的です。

数ある美容オイルの中でも特におすすめなのがホホバオイルです。ワックスエステルという成分が人間の皮脂膜と似ていて保湿効果を保ち、乾燥ケアに効果的ですよ。オイルなのにベタつかず、肌にすっとなじんで消えるから快適に使えます。酸化しづらく、髪にもこどもにも使える万能さも魅力でしょう。

○お風呂上りすぐのスキンケアを習慣づけて

お風呂上りに着替えたあとは何よりも先にスキンケアを行いましょう。肌がふっくらするまで化粧水をたっぷりつけて十分に保湿します。その後は美容液、乳液と水状からクリーム状の順につけていきます。ベタつくから…と乳液を省くのは絶対にしてはいけません。

乳液は化粧水のフタ的な役割をするので乾燥肌の方は確実に使うようにしましょう。そもそも肌のベタつきの原因は肌の乾燥であることがほとんどです。肌が乾燥するとなんとかうるおいをもたらそうと皮脂を大量に分泌し、ベタつかせてしまうのです。よって乾燥肌ほど正しく基礎化粧品を使うことが大切でしょう。

お風呂上りの乾燥対策と言っても通常のスキンケアとは何も変わりません。違うのは特別な何かをやることよりも入浴後すぐのケアをやさしく行うことが大切です。乾燥しがちな肌をいたわってあげましょう。

 - 乾燥肌 , ,