女子が気になるお肌の悩み3分で解決~Airsofy~

女の子の気になる悩みを正しい知識で解決しよう(/ω\)

過剰な皮脂分泌を抑制する食べ物をランキング形式でご紹介!

   

過剰皮脂を抑える食べ物
ベタついてしまう肌のために、過剰な皮脂分泌を抑える食べ物を栄養素ごとにご紹介しましょう。脂性肌に効果的と言われているのは、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、食物繊維、不飽和脂肪酸ですが、個々のカテゴリごとにベタつきを防ぐ食品をランキング形式でまとめました。

■ビタミンB2

ベタつきの原因となる脂肪の代謝をアップさせ、皮脂の分泌量を適正にコントロールにします。

食品名100gあたりの含有量【㎎】
1位しろさけ6.38
2位ぶたのスモークレバー5.17
3位乾燥パン酵母3.72
4位豚レバー3.60
5位牛レバー3.00
6位干しのり2.68
7位即席みそ2.58
8位チーズホエーパウダー2.35
9位焼きのり2.33
10位味付けのり2.31

■ビタミンB6

ビタミンB2の働きをサポートし、皮脂分泌量をコントロールします。

食品名100gあたりの含有量【㎎】
1位乾燥とうがらし3.81
2位米ぬか3.27
3位ガーリックパウダー2.32
4位にんにく茎油いため1.80
5位バジル粉1.75
6位にんにく茎生1.53
7位乾燥パセリ1.47
8位乾燥パン酵母1.28
9位小麦胚芽1.24
10位味付けピスタチオ1.22

■ビタミンC

皮脂分泌量をコントロールしつつ皮脂の酸化も防ぎます。また代謝をアップするため、美肌全般に役立ちます。

食品名100gあたりの含有量【㎎】
1位アセロラ酸味種1,700
2位ケール青汁1,100
3位乾燥パセリ820
4位アセロラ甘味種800
5位煎茶260
6位赤グアバ220
7位白グアバ220
8位焼きのり210
9位味付けのり200
10位トマピー200

■食物繊維

便秘を改善しつつ、ベタつきの原因となる糖分や脂肪を体外へ排出し、過剰な皮脂分泌を抑えるのに役立ちます。

食品名100gあたりの含有量【㎎】
1位こんにゃく精粉80.0
2位乾燥あらきくらげ80.0
3位てんぐさ粉寒天79.0
4位てんぐさ角寒天74.0
5位乾燥凍みこんにゃく71.0
6位乾燥しろきくらげ69.0
7位乾燥干しわらび58.0
8位乾燥きくらげ57.0
9位えごのり素干し53.0
10位乾燥ひじき52.0

■不飽和脂肪酸

脂肪の代謝を高め、ベタつきの原因となる中性脂肪やコレステロール値を下げる働きが期待できます。皮脂分泌を抑えるのに役立ちます。

食品名100gあたりの含有量【㎎】
1位油揚げ17.43
2位油漬いわし13.96
3位フレンチドレッシング13.42
4位サウザンアイランドドレッシング12.99
5位油漬けツナ缶12.16
6位がんもどき9.22
7位あんこうの肝8.47
8位開き干しさば7.42
9位生ゆば7.06
10位しめさば7.05

■では皮脂分泌をアップさせてしまう食べ物は?

逆に皮脂分泌をアップさせてしまう食べ物は糖質・脂質中心の食品です。糖質はエネルギーとして消費しきれないと脂肪に変換され、皮脂の量を多くします。米、パンやうどんなど小麦粉製品、穀類、砂糖、お菓子などが該当するので、過剰な摂取は抑えるようにしてください。

脂質は皮脂の分泌量を増やしてしまうので注意しましょう。生クリーム、チーズ、脂身、たまご、バターなどに多く含まれています。また砂糖は中性脂肪になってしまうので、甘いものは摂らないように心がけてください。同じくアルコールの過剰摂取も抑えるようにしましょう。

肌のベタつきで悩む方におすすめである、皮脂の過剰分泌を抑える成分ごとの食べ物をご紹介しました。ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、食物繊維、不飽和脂肪酸を含む食品を積極的に摂りましょう。

 - オイリー肌(脂性肌) , ,