女子が気になるお肌の悩み3分で解決~Airsofy~

女の子の気になる悩みを正しい知識で解決しよう(/ω\)

脂性肌の原因が遺伝だと諦めている方に試してほしい対策!

      2017/03/14

脂性肌は遺伝が原因
脂性肌は遺伝によって引き起こされてしまうのでしょうか。もし先天性の肌質だとしたら治すことは不可能なのかと疑問に思う方もいるでしょう。ここではベタついてしまう肌質の理由は何なのか、セルフケアで改善できるのかどうかについてまとめてみました。

脂性肌の原因は?

○皮脂の分泌に関係するホルモンの影響

ベタつく肌の原因でもっとも多いのはホルモンの影響です。皮脂の分泌を担当しているのが男性ホルモンのテストステロンや、ステロイドホルモンのアンドロゲンでしょう。ホルモンは皮脂の分泌量を増やす、皮脂腺を増やすなどの働きをしています。

しかし過剰なストレスや睡眠不足、乱れた食生活などの生活習慣の乱れによって、テストステロンなどの働きが高まり、脂性肌を招いてしまいます。思春期もホルモンバランスが乱れやすいため、ベタつきやすい時期です。女性ホルモンよりも男性ホルモンが優位的に分泌されてしまうことは、脂性肌の大きな原因だと言えるでしょう。

○見落としがちなのは肌の乾燥

通常、皮膚の表面は皮脂によって覆われ肌を保湿しています。ところが過剰な洗顔や油取り紙などによって皮脂が奪われてしまうと、肌は水分不足に陥ります。すると潤すために大量の皮脂を分泌し、ベタつきの原因になってしまうのですが、意外と知らない方は多いのが現実です。もしベタついたら、まずは皮脂を落としすぎないケアに切り替えましょう。

では遺伝で脂性肌になるの?

ホルモンの影響や肌の乾燥以外にも、遺伝によって脂性肌を招いている可能性もあります。生まれつき男性ホルモンの分泌量が多いと皮脂腺が大きくなり、ベタつきの原因になります。先天性の体質の多くは親から受け継いでいるので、遺伝の可能性も十分に考えられますね。

ただ多くの脂性肌の方が間違ったスキンケアと気づかずに行い、改善しないから遺伝による脂性肌だ!と決めつけてしまいますが、それは間違いだと言えるでしょう。実は日本人のほとんどは乾燥肌で、間違ったケアによってベタつきを引き起こしている可能性が大きいです。よってまずは正しい対策を行いましょう。

遺伝だから…と諦めないで!ベタつきの改善策

○まずは正しい洗顔とクレンジング

現在、脂性肌のもっとも大きな原因となっているのが間違った洗顔とクレンジングです。皮脂を落としすぎてしまうと過剰な皮脂が分泌されてしまうので、落とし過ぎは避けましょう。具体的には以下のポイントを押さえると大幅に乾燥が改善されるので試してください。
・クレンジングはオイルを避け、ミルククレンジングを使う
・洗顔料は界面活性剤が含まれていないものを。お肌にやさしい処方の無添加がおすすめ
・お湯でのすすぎは絶対ダメ。冷たすぎない水でたっぷりすすごう
・上の3つを押さえても乾燥しベタつくなら、思い切って洗顔料をやめよう

○規則正しい生活習慣も重要

ストレスは一般的な精神的ストレスだけでなく、睡眠不足や栄養不足・疲れなどの肉体的にストレスによっても皮脂の分泌を高め、ベタつきを招いてしまいます。男性ホルモンはストレスを浴びたときに優位的になるため、皮脂の分泌量を増やしてしまう原因にもなってしまいます。以下のポイントを押さえて生活してくださいね。

  • 毎日ぐっすり眠るようにする
  • 毎食バランスの取れた食生活を送る
  • ハードすぎない運動を日常的に行う
  • 精神的ストレスから解放する。自分が十分に楽しめることや、前向きな考え方を取り入れても効果的

脂性肌はなかなか改善されないため、遺伝が原因だと思っている方が非常に多いです。実は多くの原因は間違ったスキンケアと不規則な生活習慣によって引き起こされているので、まずはしっかり見直しましょう。

 - オイリー肌(脂性肌) , ,