女子が気になるお肌の悩み3分で解決~Airsofy~

女の子の気になる悩みを正しい知識で解決しよう(/ω\)

頑固な頬の毛穴の黒ずみをツルッと落としたい!!

   

頬の黒ずみを落とす
頬にできる頑固な毛穴の黒ずみ、絶対にきれいに落としたいですよね。
一体なぜ頬の毛穴に黒ずみができるのでしょうか。
そもそも毛穴の黒ずみの主な原因は皮脂やあぶらです。
毛穴に詰まった汚れが酸化して黒ずんでしまいます。
肌はとても繊細でありケアが難しく、スキンケア不足でも過剰なスキンケアのしすぎでも黒ずみの原因となってしまうことがあるのです。

黒ずみと角栓の違いは何?

鼻のまわりにできるブツブツした角栓、色も黒いので黒ずみを似ているのですが実は違うものになります。
角栓とは皮脂と古くなった角質からできたものなのですが、頬にできる毛穴の黒ずみは先ほども申しましたように皮脂とあぶらが原因でできるものになります。
角栓と違い、黒ずみは顔全体にできてしまうおそれもあるため少し厄介なのです。
では、どのようなスキンケアをおこなえばこの頬などにできる毛穴の黒ずみを消すことができるのでしょうか。
その対策法をお教えいたします。

黒ずみをつくらないために

洗顔を適当におこなっていたり、スキンケアにあまり力を入れていないと肌の調子も悪くなり、黒ずみなどの原因になると思われがちですが、実は洗顔のしすぎによって頬の毛穴の黒ずみが発生していることが多いようです。
もちろん洗顔を丁寧におこなわないことも皮脂がつまり、汚れの原因となるのですが、汚れを落としたいために必要以上に洗顔をしたり長い時間洗顔をし続けてしまったりすると肌にとって必要なあぶらまでも奪いとってしまい、乾燥してしまいます。
そうすることによって毛穴が開いてしまい、角栓ができやすくなります。
この角栓は毛穴の黒ずみの元となりますので、結果黒ずみへと変化してしまうことがあるのです。
ですので、皮脂をとりたいために必要以上にあぶらとり紙を使ったり、洗顔料を使って洗顔ばかりしていると逆に皮脂が過剰分泌されてしまい、頬を始め、顔のあちこちに黒ずみができてしまう原因となります。
ですので頬の毛穴の黒ずみをつくらないためには適度な洗顔が良いとされています。

 適度な洗顔とは?

朝起きたときと夜寝る前は顔に皮脂がいちばんたまっているといわれています。
ですので朝と夜の1日2回の洗顔が理想的とされています。
しかし先ほども申しましたように、あくまでも洗顔のしすぎはよくありませんので、朝の洗顔は洗顔料をつけずにぬるま湯のみで汚れを洗い流すような感覚で洗顔をおこなってください。
水での洗顔ですと毛穴が開かず汚れがつまったままになりますので洗顔するときは基本ぬるま湯を心がけましょう。
夜洗顔をするときのみ洗顔料をつけて洗います。
頬の毛穴の黒ずみが目立つ方はスクラブ入りの洗顔料を使うことが効果的です。
スクラブ特有のブツブツが毛穴の汚れをしっかり落とす役割を果たしてくれますので、使っていくうちに黒ずみが目立たなくなってくるでしょう。
洗顔後は化粧水などでしっかり肌を引き締めることも大切です。
毛穴を開かせる、毛穴の汚れを落とす、毛穴を引き締める、この3点が正しい洗顔をする上で重要であり、頬の毛穴の黒ずみをおさえる効果もあります。

 - 毛穴