女子が気になるお肌の悩み3分で解決~Airsofy~

女の子の気になる悩みを正しい知識で解決しよう(/ω\)

お肌がヒリヒリして痛い時の原因と正しいスキンケア方法!

   

お肌がヒリヒリして痛い
お肌がヒリヒリして痛みを感じてしまう肌にはどのようなスキンケアが必要なのでしょうか。また何が原因で痛みを感じてしまうのか…気になる方もいるでしょう。ここではお肌に刺激を感じてしまう原因と、正しいスキンケア方法についてまとめてみました。

お肌がヒリヒリする原因は?

化粧品や洗顔、髪や服が触れるだけでヒリヒリした痛みを感じてしまうお肌は、敏感肌だと考えられます。通常、日焼けによるダメージによって肌に刺激を感じることはありますが、日常のスキンケアや衣類などが肌に触れただけで刺激を感じてしまうことはありません。敏感肌は風に当たっただけでも刺激を感じてしまう人がいるくらい敏感です。

そもそも敏感肌が刺激を感じてしまう理由は、肌が乾燥し薄くなってしまっていることが原因です。通常はうるおいたっぷりの角質層と、それを覆うように分泌される皮脂膜によって、化粧品や乾燥などの外的刺激から肌を守っています。これを肌バリアと言います。

しかし過剰な洗顔などによって皮脂膜が落とされてしまうと、角質層のうるおいが抜けてしまいます。すると肌バリア機能が低下し、化粧品や外気の乾燥・紫外線などのあらゆる外的刺激が真皮層に伝わりやすくなってしまうことに…。すると炎症の刺激やヒリヒリとした痛みが神経を刺激することによって痛みを感じてしまうのです。

ヒリヒリするのは敏感肌の特徴で肌バリア機能の低下が原因です。敏感肌の原因は確実に乾燥肌なのでまずはしっかり覚えておきましょう。

敏感肌の正しいスキンケア方法

まずお肌のヒリヒリの原因が熱を持つほどの炎症なら鎮めるケアが大切です。しかし炎症の大元の原因になっている肌バリアを高めなければ根本からは改善されません。では炎症を鎮めるケアと肌バリア機能を高めるケアはどのようなことをすればいいのでしょうか。

○炎症を鎮めるケア

あまりにも肌がヒリヒリし、熱を持っている場合には皮膚科を受診しましょう。化粧品でスキンケアができる状況ではありませんので、多くの場合は塗り薬で炎症を鎮めるケアをしていきます。熱がないけど強く刺激を感じてしまう場合は、ワセリンのみのシンプルスキンケアを指導されることもあります。

熱を鎮めるだけではヒリヒリの根本改善にならないので、まずは肌質を改善するよう、肌バリア機能を高めましょう。

○肌バリア機能を高めるスキンケア

肌バリア機能を高めるケアでもっとも有効とされているのが保湿です。特にセラミドは角質層内の細胞同士の隙間を埋めている角質細胞間脂質のひとつ。よってセらミド美容液やクリームを使うことで角質層内の隙間を埋め、効果的にうるおいのある角質層を取り戻せます。やがて肌のヒリヒリを改善へ導けるでしょう。

またターンオーバーが乱れることでも肌のヒリヒリを引き起こしてしまいます。ターンオーバーとは肌の生まれ変わりをさします。通常肌の奥で新しい細胞が生まれると、順に古い角質は外に押し出され自然とはがれ落ちていくのです。

しかしターンオーバーには28日の周期があり、周期が早まってしまうと新しい細胞が育ちきらないまま外側へ押し出されてしまいます。未熟な角質ははがれ落ちにくいという特徴があるうえ、キレイな肌の角質層のようにレンガ状には並びません。よって隙間だらけの角質層になってしまい、簡単に異物を通せてしまうためヒリヒリしてしまうのです。

ターンオーバーが早まってしまう多くの原因は、過剰なスキンケアによることがほとんどです。洗浄力の強いクレンジングや洗顔、ピーリングなどは刺激になるので避け、保湿ケアを徹底しましょう。ダブル洗顔もヒリヒリ肌の原因になってしまうので、乾燥肌の方は避けると安心ですよ。

お肌のヒリヒリの原因は敏感肌です。敏感肌を招いてしまうもっとも大きな原因は過剰なスキンケアでしょう。もし熱を持ってしまったようなら皮膚科を受診し、ヒリヒリ程度なら保湿ケアを徹底して改善を目指しましょう。

 - 敏感肌 ,